非幻想的な日常生活

ここは憑代幻野・・・その名が示す通り管理人は何かに憑かれているようだ!? というのは多分嘘で、気ままに更新してます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

貴方かしら? 

tohov_002490.png


「おやつのもなかちゃんを勝手に食べてしまったのは・・・?」

オマケ↓

http://ta183mondschein.web.fc2.com/kuhuku.banner.png

-----------------------------------------------------------

と言う事で今度は、しぃペインターでクーリエにお絵かきしてまいりました。
最初は紅魔館の平和な日常(一部例外)を描こうと思ったけど、ゆゆ様に変更となり・・・(以下略)
同じイラストでも、背景を変えたりしたらまた違った雰囲気になるかなと実験。

今日は本屋で小林先生の新刊『ザールラント1945』を購入。
まだ売ってないと思ったけど、本屋に寄って良かったw
作品中の資料と同じ本を持っていたりすると、どこがどのシーンだか分かって、また違った楽しみ方も発見できたと思います。

明日(水曜日)から3日間程実家に帰るので、その間にコピー誌のネームを仕上げないと・・・orz
帰ってから友人に合うのと、帰宅途中電気街に寄るのが今の楽しみになってきてる・・・


あと、最近買いたくなってしまったもの。↓
一応X指定なので、見る方は自己判断でお願いします・・・orz

『聖なるかな』

前作が欲しかったけど買え無い思い出があったりするが、今回はかなりパワーアップしたみたいだ。
と言うか、うちのパソコンで動くのか?と言うくらいスペック要るし・・・
これからの更新が楽しみな一本ですw
スポンサーサイト
( 2007/03/06 03:47 ) Category 雑記 | TB(0) | CM(3)
こんばんわ。相変わらずゆゆ様・・と思いきや、いつもとは違う殺気丸出しの表情に一寸身震いしました。こと食い物には執着が強いお方ですから、盗み食いしたら一発で地獄行きですねw 剣呑剣呑です。
『ザールラント1945』>ああ、そう言えば確かに本屋に置いてありましたね。未完成だったシナリオを再度纏め直したヤツとか何とかあったような・・自分は買ってないんですが、それとは別に面白そうな本が有りましたよ。「ナチスの発明」(彩図社刊 1400円)と言う、表紙に鉤十字がデカデカとあしらわれたヤバそうな外観の本なんですが、読んでみたら現在のテレビ放送や源泉徴収、8時間労働制等はナチスが生み出した物だという事が分かって驚きました。ドイツ軍好きの都様にも楽しめると思いますので、興味が有りましたらどうぞ御一読下さい。では。
追伸:わざわざオマケのリンク貼り付け、有難うございました。
[ 2007/03/06 21:45 ] [ 編集 ]
ハッ!自分は昨日モナカアイス食べてました;
冬にアイス食べると寒くなって仕方ないですが・・・ってもう春ですか^^;
あ、でも今日(正確には昨日)地元では雪が降りましたよ; なんだか寒いorz
[ 2007/03/07 00:02 ] [ 編集 ]
「幽々子様…それは夜中に幽々子様が食べてしまったではありませんか…」と従者に突っ込まれると予測してみる…
クロスボ-ン・バンガ-ドのMSのデザインはメカデザインの人自ら「ガスマスクをモチ-フにした」とインタビューで語っている罠…しかし、あそこの防毒面は亜米利加と独逸のモノか?スウェ-デン名物のニシンの缶詰は開封しようとすると缶の中で発生して閉じこめられたガス(そのガスで缶詰の蓋が盛り上がって変形してる)と内容物の、とっても(中略)汁が勢いよく噴き出すんだよねぇ…永遠亭の中の人も大変だなぁ…
…イラストの雰囲気と言えば私も少し人物の描き方を変えてみようかなぁ…とか内心思っている訳ですが…これが「改良」になるのか「改悪」になるのか微妙な罠…(改修実施例)
http://www.geocities.jp/ptgcm728/raku001.jpg
夜戦のエース?ウリはヨ-101の事等、知らないニダ!!
[ 2007/03/07 01:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

都

Author:都
長い目で見てやってください。
下の方にサイトメニューがあります。

FC2カウンター
次のキリバンは100,000Hit 踏まれた方はリク受け付けます
Twitter
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。