非幻想的な日常生活

ここは憑代幻野・・・その名が示す通り管理人は何かに憑かれているようだ!? というのは多分嘘で、気ままに更新してます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CoDクリアー 

rkgk2.jpg

クリア後の荒ぶる感情のまま描き殴ったイラスト。

一日掛けてじっくりクリアしました(`・ω・´)
今回は前々作と同じ製作所なので色々不安だった訳ですが、やっていくうちに不安は完全に吹っ飛んでしまいますた。ステージとしてはマキン島襲撃から始まってペリュリュー・沖縄と転戦、欧州だとスターリングラードの回想ステージのあとゼーロウ高地から国会議事堂制圧までと言う、どちらも個人的にツボな内容。あとカタリナで輸送船団襲撃任務とロジーナ(金網シェルツェン付き)を駆って独防衛線を突破するミッションもありと、まさにCoDの王道路線な感じです。

因みに太平洋シナリオだととにかくジャングル内での不期遭遇戦や、硝煙漂うだだっ広い草原マップを横切って(途中の木上や草むらには勿論敵が潜んでます)飛行場襲撃したり、近接戦闘でシャーマンふるもっこした戦車第9連隊所属(マーキング的に考えて)の新砲塔チハをM1バズーカで破壊したりと、もうこれでもかと旧軍の粘り強さ、精強さを描き切っています。
強すぎる新チハは、それ何てサドン○トライクって感じでしたが(;・∀・)

ところ変わって欧州戦線では、別の意味で粘り強い独逸軍をどんどん追い詰める感じ。ただ、こちらはかなり火力重視の面が多いので、道中手に入るFG42・携行型MG42(ドラムマガジン)・PPsh41のうち二つ持っていれば(武器は2個まで携帯可能)本当にふるもっこ出来る面が多いです。その代わり独軍の火力も恐ろしく、今回は据え置きのMGよりも敵のMP40やらGew43とかSTG44にやられた回数の方が多いと言う罠・・・戦車も長砲身Ⅳ号からⅥ号b型ヘンシェル砲塔搭載タイプにパンテルと末期の火消し戦車だらけ・・・ただ、こちらもT-34/85が至る所に居るので心強い、跨乗歩兵を乗せたT-34の脇で一緒に進撃して行く時の感覚がもう溜まりません。
ベルリン攻防戦も、初代CoDの最終面の焼き直しって感じで更に臨場感抜群になってます。議事堂内のどこからか聞こえてくるケーニヒグレッツ行進曲のお陰で更にテンション上昇間違い無し!!と言うか、ここまでで既にかなりテンションがおかしくなってる訳ですが・・・

あと、今回から入ったダメージ表現もまた臨場感を高めるのに一役買ってます。火焔放射機の表現しかり、重火器で手や頭・足を撃つと色々吹っ飛ぶ表現しかり。とにかく臨場感を第一に創ってるだけに嫌でも戦闘に真実味を与えてくれるような演出が随所にあるのが更に魅力的な作品です。

取り合えず、日本語字幕MODが完成する前に二週目をクリアしに行くか( ´ー`)

■イラスト
上記ゲーム内の南方軍があまりに強く・カッコ良過ぎたのでジャングルと共に描いてみたもの。
とにかく至る所で偽装して待ち伏せたり、白兵戦になるとやたら強くて(まだ敵の銃剣攻撃へのカウンター攻撃が成功した試しが無い(´・ω・`) )AIもしっかりしている為、かなり強力になってます。ジャングル歩いてたら、「奴さん、そんなに撃たれたいのかっ!?」とか言われて鳥肌立つのも日常差判事・・・ただ、武器の調整上止むを得ないんだろうけどかなりの兵が百式短機関銃を装備しているので火力は史実より上。これに九九式軽機が加わると遮蔽物無しだと直ぐに殺られる事になります。

何が言いたいかと言うと、(個人的に)年末一番のオヌヌメソフトだという話。

【オマケ】
主人公が所属するのが第1海兵師団なので、良くコルセアが援護してたり(ソ連だとIl-2)するのですが、冬の新刊にもちゃっかり登場するので貼ってみたり

suki_34.jpg

調べる時間が無かったので架空の話なので所属マーキング等は無いですが・・・
(´・ω・`)
スポンサーサイト
( 2008/12/24 08:35 ) Category 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

都

Author:都
長い目で見てやってください。
下の方にサイトメニューがあります。

FC2カウンター
次のキリバンは100,000Hit 踏まれた方はリク受け付けます
Twitter
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。